始めるのは早ければ早い方が良い、AGAは治療が可能です。

AGA治療

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略称で「男性型脱毛症」のことです。 思春期以降に額の生え際や頭頂部周辺から進行する脱毛症で、治療を施さないと進行を止める事ができません。
1つの毛根のヘアサイクルは約40回と言われ、毛根の中の髪の毛を作る細胞が死んでしまうとその毛根からは二度と髪の毛が生えて来なくなってしまいます。一度その状態になってしまうと、治療をしても発毛することはありません。そのため、毛根が死滅してしまう前に治療を始める必要があるのです。

ヘアサイクルとは

髪の毛は一定の周期で生まれ変わります。この周期を毛周期(ヘアサイクル)と呼びます。
毛周期(ヘアサイクル)は「成長期」「退行期」「休止期」の3つの期間で構成されており、
AGAは2年〜6年ある成長期」が数ヶ月〜1年程度と短くなってしまうことで髪の毛が十分に育つことができません。
「退行期」「休止期」に移行する髪の毛が減ることで、抜け毛が増加し、細くて短い髪の毛が増えることで薄毛がどんどん進行していきます。

ヘアサイクルにおいて髪の毛が成長する時期のことで、期間はおよそ2~6年です。髪の根元にある毛母細胞の分裂が活発になることで髪の毛は成長します。 成長期の間は髪の毛が1日で0.3~0.4m成長するので、1か月で約1.2cm、1年で約15cm伸びます。
退行期は髪の毛が成長しづらくなる時期のことで、期間はおよそ2~3週間です。成長期では毛母細胞が毛乳頭細胞から栄養を供給されて細胞分裂が活発になっていましたが、退行期になると毛母細胞と毛乳頭細胞が離れることによって栄養の供給が弱まってしまいます。そのため、髪の毛の成長が遅くなってしまうのです。
休止期では毛乳頭細胞からの栄養が毛母細胞へ供給されなくなるので、髪の毛の成長が完全に止まってしまいます。期間はおよそ3~4か月です。 この期間は髪が抜ける準備に入る一方で、奥では新しい髪の毛を製造する準備を始めます。そのため、成長期になって新しい髪が伸びてくると古い髪は自然に抜け落ちるのです。
ヘアサイクルにおいて髪の毛が成長する時期のことで、期間はおよそ2~6年です。髪の根元にある毛母細胞の分裂が活発になることで髪の毛は成長します。 成長期の間は髪の毛が1日で0.3~0.4m成長するので、1か月で約1.2cm、1年で約15cm伸びます。
退行期は髪の毛が成長しづらくなる時期のことで、期間はおよそ2~3週間です。成長期では毛母細胞が毛乳頭細胞から栄養を供給されて細胞分裂が活発になっていましたが、退行期になると毛母細胞と毛乳頭細胞が離れることによって栄養の供給が弱まってしまいます。そのため、髪の毛の成長が遅くなってしまうのです。
休止期では毛乳頭細胞からの栄養が毛母細胞へ供給されなくなるので、髪の毛の成長が完全に止まってしまいます。期間はおよそ3~4か月です。 この期間は髪が抜ける準備に入る一方で、奥では新しい髪の毛を製造する準備を始めます。そのため、成長期になって新しい髪が伸びてくると古い髪は自然に抜け落ちるのです。

AGAの原因

ヘアサイクルが乱れる原因は大きく分けて「男性ホルモンの影響」「遺伝」「ストレス」「食事などの生活習慣」の4つがあります。
その中でも男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変化し毛髪を作る細胞(毛母細胞)の働きを低下させることが最も大きな原因とされています。
また、頭皮の血行不良によって髪の毛に栄養が行き渡らなくなることも原因なります。

AGAの脱毛進行パターン

【O字型】

おでこからではなく頭頂部が薄くなり、上から見たときにO字に見えるタイプです。 鏡では見えない部分のため自分ではなかなか見つけにくく、人に指摘されて初めて気付くことも多いタイプといえます。

【M字型】

おでこの剃り込み部分が次第に後退し、頭を上から見たときにM字に見えるタイプです。 AGAは、髪の成長期を短くする男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステン)」が主因ですが、このDHTを作る元凶となる「5α還元酵素」が前頭部に多いことから、M字になりやすいといわれています。

【U字型

おでこ全体が後退した結果、U字に見えるタイプです。U字に加えてO字を併発することも多く、深刻度も高くなる傾向がありますので、腰を据えた対策が必要になってきます。

ミノキシジル5㎎/ミノキシジル10㎎

ミノキシジルは毛細血管を広げ血液の流れをスムーズにするだけでなく、主に髪の毛の成長を促す毛乳頭細胞に働きかけ、ヘアサイクルを延長させる働きを持っています。
さらに、毛乳頭細胞からつくられる「発毛因子」の産生を促したり、毛乳頭細胞そのものを増殖させる働きもあるため、ミノキシジルは"発毛を促す"効果が期待できます。

1日1錠、できるだけ決まった時間に服用してください。
朝でも夜でも構いませんので24時間に1錠を守っていただけるペースで服用を心がけてください。

■発毛効果

ミノキシジルは「インスリン様成長因子1(IGF-1)」や「血管内皮細胞増殖因子(VEGF)」などの発毛因子の産生を促進する働きを持ち、
これらの成長因子が毛母細胞を刺激することで髪の毛の育成を促します。
また、毛母細胞へ必要な栄養や指令を送る毛乳頭細胞そのものを増殖させる効果も併せ持つとされ、これらの作用により発毛を促すと考えられています。



■育毛・脱毛抑制効果


ミノキシジルには髪の毛を育成する毛母細胞の死滅(アポトーシス)を抑制する働きもあります。
これによりヘアサイクルの成長期が延長され、育毛および脱毛抑制への効果が期待できます。

副作用

 動機、息切れ、頭痛、めまい、手足・顔のむくみ、多毛症、肝機能障害、心疾患

また、すべての方ではありませんが初期脱毛といって悪いヘアサイクルの中で成長した毛が一時的に抜け落ちる現象が使用を開始してから10日~1ヶ月程で起こることがございます。
症状が現れる時期には個人差がございますが、1ヶ月程すれば抜け毛は落ち着いていきます。
人によっては3ヶ月程続くこともございます。
高血圧治療薬を内服している場合、降圧効果が過剰に出現してしまう可能性があるためミノキシジル内服薬を併用できない場合があります。
また、アルコール摂取や入浴にて血圧が下がり気分が悪くなる恐れもあるため注意が必要です。

【併用禁忌薬】
・イヴプロフェン
・ED治療薬 ED治療薬には血管拡張作用があるため、血管拡張作用があるミノキシジルと併用した場合急激に血圧が下がる恐れがあります。
・イミグラン 偏頭痛薬に含まれている成分です。脳内の血管収縮作用があるため、血圧のコントロールができなくなる恐れがあります。

フィナステリド1㎎

男性ホルモンであるテストステロンは、体内の還元酵素Ⅱ型5αリダクターゼによってDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれるより強力な男性ホルモンに変化し、通常2〜6年ほどあるヘアサイクルの成長期を極端に短縮してしまう作用があります。
フィナステリドには、このⅡ型5αリダクターゼを阻害する働きがあります。
この働きによってテストステロンがDHTに変化されることを防ぎ、DHTによって短縮されたヘアサイクルを正常な状態に戻すことが可能です。
ヘアサイクルが元に戻ることで髪の毛も太く長く成長できるようになるため、薄毛になっていた部分が回復していきます。
ヘアサイクルを正常に戻す効果はフィナステリドを服用開始した時点から作用していますが、乱れたヘアサイクルが正常な状態に戻るのにある程度時間がかかるため、効果を実感するまでには数か月の時間を要します。

1日1錠、できるだけ決まった時間に服用してください。
朝でも夜でも構いませんので24時間に1錠を守っていただけるペースで服用を心がけてください。

副作用

 性欲減退や勃起機能障害(ED)などの男性機能低下、抑うつ、肝機能障害

他にも乳房障害、抑うつ、アレルギー症状としての蕁麻疹があります。
当院ではED治療薬も取り扱いしておりますので、お困りの際はご相談ください。

フィナステリドは男性ホルモンに作用するお薬です。
経皮からも吸収されるお薬ですので、女性やお子様の手に届かない場所で保管してください。
また、服用中は成分を含んだ血液が妊婦や未成年に献血されてしまう恐れがあるため献血は避けてください。
成分を含んだ血液が妊婦や未成年に輸血されてしまう恐れがあるためです。
献血をするときには、最低でも1ヶ月前から服用を中断するようにしてください。



【服用いただけない方】


・女性や子ども

・過敏症の既往歴がある方

デュタステリドカプセル0.5㎎ZA

フィナステリドと同じで毛髪を弱らせ抜け毛の原因となる男性ホルモンを抑制することで、薄毛の進行を防ぐ効果があるお薬です。
男性ホルモンであるテストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)に変化させる体内の還元酵素5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、AGAは主にⅡ型が関与しているといわれています。
フィナステリドはⅡ型5αリダクターゼを阻害する働きがある一方、デュタステリドはⅡ型に加えⅠ型も阻害する作用があります。
さらにⅡ型5αリダクターゼに対するデュタステリドの薬理作用はフィナステリドの3倍であり、フィナステリドと比べ1.6倍の増毛効果があるとされています。

1日1錠、できるだけ決まった時間に服用してください。
朝でも夜でも構いませんので24時間に1錠を守っていただけるペースで服用を心がけてください。

副作用

 性欲減退や勃起機能障害(ED)などの男性機能低下、抑うつ、肝機能障害

他にも乳房障害、抑うつ、アレルギー症状としての蕁麻疹があります。
当院ではED治療薬も取り扱いしておりますので、お困りの際はご相談ください。

デュタステリドは男性ホルモンに作用するお薬です。
経皮からも吸収されるお薬ですので、女性やお子様の手に届かない場所で保管してください。
また、服用中は成分を含んだ血液が妊婦や未成年に献血されてしまう恐れがあるため献血は避けてください。
献血をするときには、最低でも6ヶ月前から服用を中断するようにしてください。
前立腺がんを調べるためのPSA(血清前立腺特異抗原)検査を受ける予定がある場合は事前に医師に伝えるようしてください。
デュタステリドを6カ月以上服用するとPSA値が半分の値まで下がることから、2倍の数値で考えなければ正しい判定ができないためです。
申告漏れのないよう注意しましょう。



【併用禁忌】
デュタステリドは「CYP3A4阻害薬」との併用が注意とされています。
CYP3A4阻害薬として主なものにはリトナビが挙げられますが、CYP3A4によってデュタステリドの代謝が阻害され、デュタステリドの血中濃度が上昇する恐れがあるため併用しないよう注意が必要です。


【服用いただけない方】

・女性や子ども

・重度の肝障害をお持ちの方

AGA治療 30日分セット料金

先発・代表薬剤

商品名

販売価格(税込)

ミノキシジル5mg

ミノキシジル5mg

¥4,400(1錠¥147)

ミノキシジル10mg

ミノキシジル10mg

¥5,500(1錠¥182)

プロペシア錠1mg

フィナステリド1mg

¥5,500(1錠¥182)

ザガーロカプセル0.5mg

デュタステリドカプセル0.5mg

¥8,580(1錠¥286)

※当院では、フィナステリドとデュタステリドはジェネリック医薬品を処方しております

診察料金

診察料金(税込)

¥1,000
※お薬をご購入された場合は診察料金0円

オンライン診療

ONLINE

当院ではオンライン診療を行なっています

STRONG POINT

ONLINE診療のメリット

自宅で診療を
受けられる

感染症のリスク病状の悪化を予防できる

お薬が指定の
住所に届く

移動
待ち時間なし

STEP1

最適な診療を行うため簡単な問診にお答えください。問診フォームは、公式LINEに登録いただくか、下記問診フォームからお答えいただけます。

STEP2

問診フォーム回答後、「ONLINE診療予約」ボタン、又は、公式LINEの予約フォームからご希望の日時を選択してください。

STEP3

問診票の内容をもとに、ビデオ通話を利用してオンラインで診療を行います。お悩みや症状を確認しながら治療内容や費用等の説明を致します。

STEP4

診察の内容から患者様一人一人に合わせた薬を処方します。処方した薬はご自宅や、ご希望のご住所にお届けします。

〒550-0013
大阪府大阪市西区新町1-7-5 四ツ橋GTCビル11階

TEL:06-4400-1903

【 営業時間 】
平日  09:00〜13:00 18:00〜22:00
土日祝 10:00〜19:00

診療時間
11:00 ~ 19:00
X
X
X
X